子供の笑顔があふれる♪優しい甘さの「ミルクの国」で作るクリームパスタ

秋もあっという間に終わってしまい…もう冬です。
我が家ではコタツを出して、日々ぬくぬくと過ごしています。

外遊びが大好きな子どもたちも、寒さに負けてかコタツで丸まっています。「ご飯のお手伝いしてほしいなぁ」と声をかけても、なかなかコタツから出てきません。

「子どもたちがやりたくなるようなお手伝い…」と考えていると、ピコーン!
黒飴や塩飴を使って作った梅酒&梅シロップの思い出が…。
ただ無心に、ひたすら大好きな飴を袋から出して、瓶に詰めていく光景。

よし!あれをやってみよう。
春日井製菓のキャンディ「ミルクの国」を使ってのクリームパスタをつくるコトを決意。

子どもたちに「ミルクの国の飴、出してほしいなぁ」というと気になるのかいそいそとコタツから出てきてお手伝いをしています。

「今日は、この飴を使ってクリームパスタを作ります~♪」
というと目がキラキラしつつ、「ほんとうに!?」という疑いの目。。

実は美味しいクリームパスタが作れる「ミルクの国」。
早速作ってみましょう♪

クリームソースとパスタは一緒に加熱せず、茹でたパスタの上からソースをかけるので、失敗しにくいレシピですよ。

「ミルクの国」で作るクリームパスタの材料(4人分)

ミルクの国 10粒
牛乳 500ml
生クリーム 200ml
たまねぎ 1玉
ぶなしめじ 1株
ベーコン 3~4枚
固形コンソメ 2粒
塩こしょう 少々
パスタ 4人分

「ミルクの国」で作るクリームパスタ作り方

1.玉ねぎは薄切り、ベーコンは細切りにし、しめじは子房に分けておく。

2.フライパンに玉ねぎとベーコンを加えて炒める。

3.牛乳と生クリームを入れて温める。


※沸騰しないように気をつけてください。

4.温まったら『ミルクの国』を入れ、かき混ぜながら溶かす。

5.「ミルクの国」が溶けたら、コンソメ、しめじを加えて火が通るまで過熱し、塩・こしょうで味を調える。

6.茹でたパスタにクリームソースをかけてできあがり。

「ミルクの国」で作るクリームパスタ作り方とポイント

・パスタはクリームソースが絡みやすいよう、太めのものを選ぶのがおすすめです。また、パスタはクリームソースをどんどん吸ってのびていくので、パスタは表示時間より数分短めに茹で上げておくと、よりおいしく食べることができますよ。

・「ミルクの国」を溶かす工程は、飴が鍋底にくっつきやすいので、ゆっくり混ぜながら加熱してくださいね。

「ミルクの国」を溶かし入れることで、甘味のあるクリームパスタに仕上がり、シチューのようなコクも生まれます。

パスタソースだけ時間のある時に作っておいて、食事の時に茹でたパスタに絡めればあっという間に子供の喜ぶひと品が完成しますよ。子供の笑顔があふれる「ミルクの国」で作るクリームパスタ、ぜひ作ってみてくださいね。

この記事で使われた商品

ミルクの国

自然なコクの濃厚な味わい。
ミルクのおいしさそのままに、濃厚さやコクが感じられるキャンディです。自然なミルクのおいしさが伝わるようなデザインもお楽しみください。北海道産練乳・生クリームを使用しております。

商品情報はこちら

 

菅 智香

育児料理アドバイザー。食育インストラクター、AGEフードコーディネーター。
一般企業退職後、結婚、出産を経て、改めて食の大切さを感じ、食育インストラクターの資格を取得。
SNSを中心に、子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案、百貨店などにて登壇中。

このカテゴリの記事

人気の記事

おすすめの記事

2021/5/20

“おかし”な営業社員が奔走! お菓子愛を極めた先の「そこまでやりますか?」な話

2021/9/28

つぶグミプレミアムに春日井の本気を俺は見た!

2021/8/30

ピーナの海に溺れたい!!松本ピーナ洋介社長、憧れの工場に初潜入!

2021/9/1

甘じょっぱさがクセになる!塩ホイップクリームでいただく『炭焼珈琲ゼリー』