黒あめ

コクのある煮物が簡単にできる♪「黒あめ」で作る、ひじきと大豆の煮物

春日井製菓といえば「黒あめ」!
1980年に販売が開始されたもので、なんと今現在も黒あめ市場売上No.1を誇っているロングセラー商品なのです。

今回、そんな春日井製菓の「黒あめ」を使って作る、ひじきの煮物レシピを春日井製菓のホームページで見つけ、作ってみることにしました。

難しい工程はないので気軽に作ることができるこのレシピ、黒あめのおかげでコクのあるおいしい煮物ができますよ。

「黒あめ」でつくるひじきと大豆の煮物の材料

黒あめ 3粒
ひじき(乾燥) 15g
煮大豆 70g
油揚げ 1枚
鶏むね肉 50g
料理酒 50㏄
みりん 大さじ2
しょうゆ 大さじ1
だしの素 大さじ1

「黒あめ」でつくるひじきと大豆の煮物の作り方

1.ひじきは水に浸してもどしておく。鶏むね肉は1㎝角に切り、油揚げは細切りにする。

2.適量の油(分量外)で鶏むね肉の色が変わるまで炒める。

3.ひじき、煮大豆、油揚げを入れてさらに炒める。

4.調味料を加えて全体を混ぜ合わせる。弱火にして「黒あめ」を加えてじっくり溶かす。

5.「黒あめ」が完全に溶けたら完成。

「黒あめ」で作るひじきと大豆の煮物を作るときのポイント

・鶏むね肉は大豆と同じくらいの大きさ、油揚げは細く切ると全体がまとまり、食べやすくなります。鶏むね肉は汁気の切ったツナ缶でも代用することができますよ。
・完成したひじきと大豆の煮物は、すぐに食べてもおいしいですが、一度冷めると味がよく染み込み、よりおいしくいただけますよ。

春日井製菓の「黒あめ」は黒糖を入れた釜を直接火にかけ、高温で煮詰めて作られているので、黒糖ならではの香ばしい、独特の旨味が引き出されています。

この「黒あめ」を使えば、コクのある煮物が簡単に作れますよ。ぜひ作ってみてくださいね。

この記事で使われた商品

黒あめ

直火炊き、また食べたくなる 香ばしさ。沖縄黒糖を使用した、香ばしい黒糖の味が広がります。直火炊き製法で、また食べたくなる味わいの黒あめです。

商品情報はこちら

 

菅 智香

育児料理アドバイザー。食育インストラクター、AGEフードコーディネーター。
一般企業退職後、結婚、出産を経て、改めて食の大切さを感じ、食育インストラクターの資格を取得。
SNSを中心に、子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案、百貨店などにて登壇中。

このカテゴリの記事

人気の記事

おすすめの記事

2021/5/20

“おかし”な営業社員が奔走! お菓子愛を極めた先の「そこまでやりますか?」な話

2021/9/28

つぶグミプレミアムに春日井の本気を俺は見た!

2021/8/30

ピーナの海に溺れたい!!松本ピーナ洋介社長、憧れの工場に初潜入!

2021/9/1

甘じょっぱさがクセになる!塩ホイップクリームでいただく『炭焼珈琲ゼリー』