おすすめ記事 豆菓子

いつものポテトサラダがお菓子で変身!『グリーン豆のポテトサラダ』

母が大好きで、なぜかいつも家にストックがあった「グリーン豆」。私もこっそり食べつつ、父はお酒のアテとして食べていました。
家族で食べるため、すぐになくなるのですが、気づいたら補充されていたという不思議な思い出も。

今回ご紹介するのは、『グリーン豆のポテトサラダ』。
ほどよい塩気と甘味に綺麗なグリーンが、定番のポテトサラダにもピッタリ!
サクッと食感がアクセントにもなり、ついつい箸がススム一品です。アレンジ次第でバリエーションも広がります。
食卓に並ぶ「グリーン豆」として、『グリーン豆のポテトサラダ』はいかがですか。

「グリーン豆のポテトサラダ」材料〈約4人分〉

馬鈴薯(洗って土を落とす) 中3個(約250g)
グリーン豆 25g
マヨネーズ 30g~(お好みで増やして良い)
塩・胡椒 適量
【A】にんじん(皮を剥き2㎜の千切り) 25g
【A】玉ねぎ(皮を剥き2㎜スライス) 25g

「グリーン豆のポテトサラダ」作り方

1.馬鈴薯を皮ごと茹でる。

2.ボウルに【A】と、塩ひとつまみ(分量外)を入れ、揉んでおく。

3.別のボウルに茹で上がった熱い①を取り出し、荒熱が取れたら皮を剥き、すりこぎ棒やマッシャーなどで荒く潰す。

4.水気を軽く絞った②とグリーン豆、マヨネーズを入れ混ぜ合わせ、塩・胡椒で味を整える。

「グリーン豆のポテトサラダ」のアレンジ

・刻んだキムチ・塩辛・アンチョビ・チーズ・ハムなど入れてお酒のおつまみに。

【調理時間20分】

 

このレシピで使われた商品

グリーン豆

1973年に生まれました。えんどう豆をカリッと揚げて、サクサクの衣で包み、旨塩味で仕上げています。

 

商品情報はこちら

 

谷上 幸

調理師。発酵料理教室kitchenstudio日々主宰。
ふんわり糀家認定講師/飲食店厨房担当/企業様レシピ開発/イベントフード担当など。
発酵調味料をもっと身近に簡単に使って欲しい。そんな願いを込めてお伝えしています。

このカテゴリの記事

人気の記事

おすすめの記事

2021/5/20

“おかし”な営業社員が奔走! お菓子愛を極めた先の「そこまでやりますか?」な話

2021/9/28

つぶグミプレミアムに春日井の本気を俺は見た!

2021/8/30

ピーナの海に溺れたい!!松本ピーナ洋介社長、憧れの工場に初潜入!

2021/9/1

甘じょっぱさがクセになる!塩ホイップクリームでいただく『炭焼珈琲ゼリー』