おうち時間 おつまみ お酒に合うおつまみ 豆菓子

ボジョレーヌーボー解禁!頑張らないおつまみと『おうちバル』でカジュアルにワインをたのしもう

いつの間にか街はクリスマスムードに。
2021年ももう年の瀬に差し掛かってきて、時の流れの速さに圧倒されています。

さて、この季節のおたのしみといえば、ボジョレー・ヌーボー!
例に漏れず、この私も、毎年解禁される日を心待ちにしているひとりです。

ボジョレー・ヌーボーは、フランスのボジョレー地区でその年に収穫されたぶどうで造ったワインのこと。
毎年11月の第3木曜日の午前0時にその年の新酒の販売と飲酒が解禁されます。
2021年は11月の18日が解禁日です。

自粛生活から徐々に解放されつつありますが、
外食での乾杯は、まだ不安を拭い切れません。

待ち望んでいた今年の新酒ですもの。
心おきなく愉しみたいですよね。

というわけで、今年のボジョレー・ヌーボーは
いい意味で力を抜いて、ササっと簡単なおつまみを用意して
自宅でカジュアルに愉しんでみてはいかがでしょうか?

簡単でおいしいを叶える『頑張らないおつまみ』のススメ

自宅に誰かを招く時、ずっとキッチンに立ちっぱなしでは、相手にも気を遣わせてしまいますね。

こんな時は、事前準備もそこそこに、
1分でも長く一緒に家族や気の置けない友人と食卓を囲めるように
自分なりの『頑張らないおつまみ』の定番を決めておくのがおすすめです。

ちなみに、私の定番はというと…
・パン
・サラダ
・簡単な惣菜を1~2品
・お酒にあう市販のおつまみ菓子

と、手抜きと言われてしまえばそれまでですが、
かなりカジュアルなラインナップです。

自分が席につくまで、「相手を手持ち無沙汰にさせない」のも私が大切にしていること。

敢えて先に完璧な準備はせず、
パンを切ってもらったり、
トマトとチーズを並べて盛り付けてもらったり。

お手伝いをお願いすることで、「もてなす」「もてなされる」の関係ではなく
一緒に作る連帯感がうまれて、乾杯前の空気が温まる気がするのです。

惣菜も、極力調理の手間や洗い物を増やさないように。
でもお酒に合うように、ほんのひと手間を加えるくらいが丁度いい。

例えば、スーパーで売っている焼き芋に
ゴルゴンゾーラチーズを合わせるだけ。
アクセントとして、ナッツ、ドライフルーツを散らし、メープルシロップをひと回しすれば
甘じょっぱさが癖になる、ワインにぴったりのおつまみデリの完成です。

そして、「頑張らない」「簡単」「おいしい」を一手に叶えたいときに頼りになるのが、市販のおつまみ!
私の一押しはこちら。春日井製菓の、『お手軽バル アソート』

4種のチーズを使った濃厚チーズ味と、
ガーリックとペッパーが効いた和牛ステーキ味の2種類のフレーバがアソートで入っていて、
ポリポリ食感がクセになりそう!
ワインにぴったりなおつまみスナックです。

「なにこれ、おいしくて止まらない!」
「お酒がすすんじゃうね」と、
お酒好きにはかなりの高確率で気に入ってもらえるうえ、
個装という点も、このご時世のちょっとした集まりには気が利いていてうれしい。

旅行やアウトドアにも持ち運びしやすいので、
スーパーで見かけるとつい買い置きしてしまいます。

新しい生活様式に変わりつつある中、これから迎えるクリスマス会や忘年会シーズン。
『お手軽バル』のような頑張らないおつまみを自宅にストックしておけば
おうちでお酒をいただく時間も充実しそうですね。

 

この記事で使われた商品

お手軽バル アソート

お手軽バルへようこそ!みんなで、どこでもバル気分!
贅沢にチーズを使い仕上げた濃厚チーズ味と、肉の旨味にガーリックを効かせて仕上げた和牛ステーキ味の、こだわりの2つの味が楽しめる「お手軽バル」のファミリーパックです。

商品情報はこちら

 

わたなべさやか

季節の手づくりをたのしむことをテーマにした料理教室「ORIORI」を主宰。
10年間勤続したアパレル企業では日本各地に出向き、服やモノを通して文化を発信するライフスタイルショップの開発に携わる。その後、日本料理教室のアシスタントを経て、日本橋に日本酒とおばんざいの店を立ち上げ、初代女将となる。
現在は教室、執筆を通じて発酵食を中心とした日本の食文化を伝える活動に取り組む。

このカテゴリの記事

人気の記事

おすすめの記事

2021/5/20

“おかし”な営業社員が奔走! お菓子愛を極めた先の「そこまでやりますか?」な話

2021/9/28

つぶグミプレミアムに春日井の本気を俺は見た!

2021/8/30

ピーナの海に溺れたい!!松本ピーナ洋介社長、憧れの工場に初潜入!

2021/9/1

甘じょっぱさがクセになる!塩ホイップクリームでいただく『炭焼珈琲ゼリー』