お菓子レシピ こんぺいとう ゼリービーンズ ちゃいなマーブル パフェ

子どもたち大喜び!夏休みにやってみたい『夢のお菓子パフェ』

子どもが夏休みに入り、学校や幼稚園のある日常とは違う、ゆったりとした時間が流れている。

そんなある日、娘が春日井製菓の色とりどりのグミやビーンズを見て、「これでパフェを作りたい!」と言い出した。
ちょうど先週、家族でレストランに行ったときに、別のテーブルに運ばれてくるパフェを見て目を輝かせていた娘。

そういえば私も子どもの頃「お菓子パフェ」って憧れたなぁ。
時間がたっぷりある夏休み、いつもはルールのあるお菓子だけど、今日だけはと娘の好きなように作らせることした。

お菓子のパフェ作り

まずはパフェに使うお菓子を並べる。
「ゼリービーンズ」や「ちゃいなマーブル」、「こんぺいとう」を並べる娘の目は輝いている。
それを見ている私も自然と笑みがこぼれてくる。
まだ、お皿に写しているだけなのに(笑)

パフェは子どもでも作りやすいように簡単なものに。

準備するものは、パフェを入れる透明なグラス。
お菓子を入れる前に、砕いたクラッカーを入れてホイップクリームをのせる。

そこにミックスビーンズを差し込んでいく。
横からのぞいていると、パフェが徐々に色づいていく。

その上にアイスクリームをのせ、色鮮やかな「ちゃいなマーブル」をまわりに並べていく。
トップに娘の大好物「つぶグミ」をのせ、昔の喫茶店で出てきそうなレトロなパフェが完成した。

家族でゆっくり過ごす夏の時間

娘はうっとりした表情でパフェを眺めていたが、アイスが溶け始め、慌てて食べだす。
溶け始めたアイスから食べていくのかと思いきや、カラフルなお菓子にばかりスプーンがのびる。

「一口ちょうだい!」と私がいうと、娘はニコニコとアイスクリームを差し出す。
「お菓子も欲しいな」というと、「1個だけね!」とちゃいなマーブルをスプーンに入れてくれた。

うん。
大人にはちょっと甘いかも…。

でも娘はニッコニコして、パクパク食べている。

そんな娘を横目に、私と旦那はグラスに入れた豆菓子をつまみながら軽く1杯。まだ明るい時間から飲む酒とおつまみのおかげで、少し贅沢な気分を味わえる。

夏休みならではの、家でのんびりと過ごす時間がとても心地いい。

この記事で使われた商品

ちゃいなマーブル

懐かしく、素朴な味が楽しめる。お口の中でおいしさ長持ち。陶磁器(チャイナ)のように硬く、大理石(マーブル)のような艶を持つことから名づけられた砂糖菓子。職人が約2ヶ月間、手間暇かけて丁寧に作っています。

商品情報はこちら

 

この記事で使われた商品

こんぺいとう

昔ながらの懐かしい素朴な砂糖菓子。室町時代にポルトガルから伝わったカラフルな砂糖菓子。熱をかけながら何日も大釜で生地を転がし蜜をかけることで、こんぺいとうの特徴である「つの」を出しています。

商品情報はこちら

 

この記事で使われた商品

ゼリービンズ

懐かしい思い出を蘇らせる甘~いお菓子。ゼリーの外側を砂糖菓子で覆い、カラフルに仕上げたゼリー菓子。7つのフルーツ味(いちご、オレンジ、もも、レモン、メロン、ぶどう、バナナ)が楽しめます。

商品情報はこちら

 

菅 智香

育児料理アドバイザー。食育インストラクター、AGEフードコーディネーター。
一般企業退職後、結婚、出産を経て、改めて食の大切さを感じ、食育インストラクターの資格を取得。
SNSを中心に、子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案、百貨店などにて登壇中。

このカテゴリの記事

人気の記事

おすすめの記事

2021/5/18

黒あめでつくろう『白黒梅酒』

2021/5/20

“おかし”な営業社員が奔走! お菓子愛を極めた先の「そこまでやりますか?」な話

5月人気の記事