1.  
  2. 知る・楽しむ
  3. 春日井製菓のおいしい情報
  4. のどにスッキリのおいしい話

のどにスッキリのおいしい話 のどにスッキリのおいしい話

ミルクと13種類のハーブのおいしいコンビネーション!

のどにスッキリの開発ウラ話からKasugaiのこだわりまで一挙にご紹介します。

のどにスッキリとは?

  • のどにスッキリ
    …13種類のハーブエキスとミルクのやさしい味わい

  • のどにスッキリフルーツアソート
    …グレープ、青りんご、ピーチ、レモンの4種類

  • 和風のどにスッキリ
    …沖縄産黒糖、高知県産柚子果汁、西尾産抹茶、紀州産梅産果汁

  • のどにスッキリドリンクアソート
    …レモンスカッシュ、コーラ、ソーダ、ヨーグルトの4種類

開発ウラ話

ハーブとミルクのコンビネーション誕生の秘密

ハーブエキスを配合したのど飴が流行りだした昭和60年、Kasugaiでもハーブを使った商品をつくろうといった声があがりました。その頃、 Kasugaiでは前年に発売したミルク味のキャンディ“ミルクの国”が大好評。それがヒントとなり「ミルク味のキャンディにハーブエキスを加えて、のど飴をつくってみよう」ということになりました。試作したところ、とてもおいしいキャンディができあがり、すぐに商品化されたのです。

キャンディが、ホタテ貝の形をしている理由とは?

のどにスッキリは、ホタテ貝の形をしています。開発当時、丸型のキャンディが多い中、印象深くお客様に覚えていただける形はないだろうか?と試行錯誤を重ねた結果、この形に決定しました。また、見た目だけでなく、お口に入れたときの食べやすさにもこだわりました。
ホタテ貝は、商品とは直接関連がありませんが、強いインパクトを与えたようです。

こだわり

ミルクとハーブエキスが融合した、他社にはないスッキリまろやかなのど飴。

原料のこだわり

北海道産練乳を使用

13種類のハーブエキスとメントール、そして北海道産の練乳をふんだんに使用しています。

製法のこだわり

ミルクの味を十分に発揮できる製法を採用

ミルクの風味を十分に引き出すため、北海道産の練乳を短時間で焦がすことなくキャンディ状に煮詰める製法を行っています。 そして13種類のハーブエキスを加えることによって、まろやかな中にもさわやかな風味が生きるキャンディに仕上がります。

包装のこだわり

デザインを全面にあしらった個別包装

ひねり包装が一般的だった頃、他社に先駆けて横ピロ-包装をキャンディに採用し市場に定着させたのはKasugai。包装のデザインに工夫を凝らすことのできる横ピロー包装の特長を生かして、全面にハーブのイラストをあしらったデザインを導入しています。

片手でもポンっとあけて食べられる!

片手でも簡単にあけられる材質を使用しています。

こんな時にオススメ!

何よりお好きな時に食べていただくのが一番ですが、Kasugaiがおすすめしたい、さまざまなケースをご紹介!

のど飴が苦手な方に。

ミルクの風味が効いてスッキリまろやかなのど飴なので、一般的なのど飴が苦手な方にも、食べやすくておすすめ!

のどをスッキリさせたい時に。

ハーブエキスを配合したのど飴で、のどにスッキリ!乾燥時期にもおすすめです。

気分転換したい時に。

13種類のハーブエキスを配合した味わいさわやかなキャンディが、気分をリフレッシュ!

ライブやカラオケのおともに。

声を出しすぎた時に、やさしくまろやかな「のどにスッキリ」が最適です。

PAGE TOP